オシロスコープの基本動作(リサージュ図形)

この種の連続描画は時間と共にブラウザへの負担が大きくなりがちですが、体感で殆ど描画スピードは変わりません。

※50fpsで、輝点(円)の数は200個





開始時の輝点は同一振幅,同一周期(周波数),同一位相なので y = x の線上に並びます。 次に輝点の大きさと色を変えて位相差を90°(π/2)にすると円が現れます。正にsinとcos関係です。

色はHSBで管理し、Hueつまり色相を変化させています。 右にあるFG_A,Bは Function Generator のことで、振幅と周波数(設定周波数の1.1倍とか)を調整出来ます。



ご連絡はこちらから